LEXで一括メール送信

furuCRMのチャンです。この記事にてLEXで一括メール送信をご紹介いたします。

あなたはSalesforceのリストメール送信機能を使ったことがありますか? まだ使っていない方は、Salesforceの新しいインタフェース「Lightning」でどのように一括メール送信を行うか、これから一緒に調べましょう。

1. すべての取引先責任者へメール送信

  • 「取引先責任者」タブ押下で取引先責任者リスト画面を開きます。

「最近参照したデータ」がデフォルトで表示されますが、必ず「すべての取引先責任者」を選択してください。

  • 「名前」ボックスにチェックし、画面右上の矢印をクリックしてドロップダウンメニューで「リストメールの送信」を選択します。

  • メールエディタ画面が表示されます。

ここで本文作成やファイル添付などができます。

差し込み項目も挿入できます。

さらに、メールテンプレートも挿入できます。

  • 「送信」ボタンをクリックします。

2. 特定の取引責任者へメール送信

  • 「1. すべての取引先責任者へメール送信」と同様に取引先責任者リスト画面を開き、「すべての取引責任者」を選択します。

  • 設定(歯車のアイコン)をクリックしてドロップダウンメニューで「リストの検索条件を編集」を選択します。

  • 検索条件のサイドパネルで、「検索条件を追加」押下でご希望のフィルターを追加します。例えば、リストメールに取引先名やキャンペーンメンバーの状況などのフィルターを選べます。

  • 検索条件の追加・保存が完了したら、「名前」ボックスにチェックして「リストメールの送信」ボタンをクリックします。

  • メールエディタ画面が表示され、「1.すべての取引先責任者へメール送信」と同様に操作します。

※「送信」を押下するとメールが指定された取引先責任者に送信され、同時にSalesforceさんからリストメールが送信された旨の通知メールが届きます。ただ、自分が試した限りでは、組織の言語が日本語の場合メールの内容がキチンと表示されないようです。

  • 日本語だと以下の表示になってしまいました。

  • 組織の言語を英語に変更して送信すればちゃんと表示されました。

Salesforceさんの対応漏れかしら? それでも、こんなに便利なものを提供していただきましたので許します。(笑)

以上、どなたかの参考になれば幸いです。^^

Posted in Lightning Components, Salesforce, Vietnam Offshore on Apr 20, 2019